美味しい 減農薬 米 ブログ|コウノトリ舞い降りる減農薬コシヒカリ

美味しいお米、格安で、きれいで、早い、スーパー減農薬のお米を兵庫県豊岡市から、生産者の中谷農事組合が直接お届けします!

*

WCS飼料用の稲で終了ですよ

      2015/11/11

WCS飼料用稲を最後になかのたにの稲刈りがようやく終わりました。
今年は、昨年の85%減農薬から90%もの減農薬率のコウノトリ舞い降りる田んぼのコシヒカリ 六方銀米となりました。新米出荷開始です!!

8月下旬から、台風で大雨洪水警報のあめあらし、一部冠水して心配しましたが、9月第2週頃から急ピッチで稲刈りしました。

画像は、昨日のWCS飼料用の稲の刈り取りとロール化作業です。
ここ但馬(兵庫県北部)の表彰されるほど優秀で有名な但馬牛を飼う牧場さん向けに但馬牛のえさとなる飼料も作っているのです。
輸入に頼る畜産業者さんも多いようですが、品質、価格面でむずかしく、国産のえさは貴重だそうです。

刈り取って田んぼに倒しておき、2~3日田んぼで乾燥させるロールを作る(ゴゴゴー、ゴゴゴー1ロール分集まったら、ゴロン!)専用の捕り手をつけたトラクターでロールを運び出します。

WCS飼料用米と言いますが、稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ)は、稲の実と茎葉を同時に収穫して、発酵させた牛のえさとなる飼料です。
WCSの利用で水田の有効活用や食料自給率向上、循環農法といった考え方につながるとりくみです。

WCSを与えて育てた牛の方が与えずに育てた牛の肉に比べて、柔らかくて脂がさっぱりしているそうです。

WCS飼料用稲

 - inekarikun , ,